« オオイヌノフグリ | トップページ | 開花宣言 »

2017年3月10日 (金)

共謀罪

荒れる森友学園問題の裏で着々と成立に近づく「共謀罪」の危険性
大阪・豊中市の「森友学園問題」の裏で、安倍政権が今国会への提出を目指している、組織的犯罪処罰法の改正案。官邸サイドはその必要性を強く訴えて続けていますが、メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者・新 恭さんは、過去に3回も廃案となった「共謀罪」法の (続きを読む)


自動車は国の検査と登録を経て初めて車検証が交付されます。
そしてそれを基準に「何年落ちの車」などと言って古さを表します。
勘違いされている方も多いのですが、製造年は関係なく初年度登録(車検証を見るとわかります)がベースなので要注意です。
価格は年数が進むほど安くなり、10年落ちともなれば驚くほど低価格になりかねません。
販売する方にとっては安すぎて利益が出ない商品ですが、購入者視点で考えると状態次第ではそうした車は宝の山とも言えます。
買取業者というのは大概、19時以降などの夜間でも構わず、査定依頼に対応してくれます。
車のボディの傷や小さなへこみなどは、昼に比べて夜間は目立たないですから、マイナス対象が減って査定額が高くなるなどといった説があります。
ただ、言われているようなことは現在ではまずありえないです。
平日の査定となると夜間の指定は珍しくありませんが、なるほど夜間は光源が乏しく、雨天も査定士にとっても厳しい状況ですから不慣れな査定士だと多少の見落としはないとは言えません。
ただ、それはあくまでも可能性の話です。
それに、車が綺麗な場合には晴天のほうが見栄えがしますし、専門家はそれらを踏まえた上で見るので、天候を選ぶ意味はほとんどないでしょう。
車を買い取ってもらう際の大体の流れは、まずはインターネットなどで一括査定を頼みます。
中古車買取業者によってこちらの情報を基に算出された査定額が表示されますから、数ある中から査定の額が高い業者や、信頼のできそうな業者をその中から見つけ、自分の車をみてもらい、査定をしてもらいます。
査定に満足することができたら、契約をし、車を売ります。
代金はその日にもらえるのではなく、後日振り込まれる場合がほとんどです。

« オオイヌノフグリ | トップページ | 開花宣言 »

趣味」カテゴリの記事

無料ブログはココログ